絶対に痩せる、このお気に入りの服はわたしが着こなす

ある日立ち寄った洋服店に気になる商品が…
「カワイイ…。」思わず惹かれたお洋服です。
皆さんはどうですか?洋服は「直感」を大切にしている方も少なくないのではと思います。

私は特に決まった好きなブランドがないので、「直感」でひとめぼれしたものを購入することが多いです。
いつものように私は試着しましたが、「あれ、入らない…。」
しかもよりによって担当の方が男性でした。
これは…と正直かなり困り果てて、恥ずかしくなりました。
「お姉さんならきっとうまく着こなせますよ!」で
「きっとぴったり、お姉さんとってもスリムじゃないですか。」
そんな声にまんまとのせられ試着してしまった私。
恥ずかしい。そう私、実は「隠れ肥満」なのです。
この時本気で痩せたい気持ちに追いやられちゃいました。
もう少しなのに、と日ごろの暴飲暴食を悔やみました。
お財布事情も、とっても気に入ったお洋服も準備はバッチリ!
問題は私の「からだ」だけです。

これほど悔しい悲しいことはないですよ!
さらに追い打ちが…
「この商品、最後の一点なんです。」
「他店にも在庫がなく、ほんとにもうないので…。」
まるで、私に痩せなさい。というお達しがくだったかのようだった。
そして決意する。
ぴったりのサイズだったということにして、購入しよう。
わたしがこのお洋服、着こなしてみせる!

結局冷や汗をかきながら、そして苦笑いで購入し、そのお洋服自宅に飾る。
「着たいのに、着れない。」
お洋服好きとしてはこれは悲しい。
さぁ、リミットは決まった、1か月以内。頑張ります。